ニュース

嵐解散2020年 理由と会見動画に涙。活動休止はデマ説を望む声多数!







嵐が2020年を持って活動休止を発表しましたね。
ファンからはデマ説を望む悲痛の声が多数上がっています。
相葉雅紀さんが不仲説は否定したものの、信じたくないという声が多くてとても苦しいですよね・・・><

本日は、

  • 嵐解散は2020年!デマ説を望む声多数!
  • 活動休止の理由と、会見動画に涙。
  • 活動休止に不仲は否定!

などについて、詳しく見ていこうと思います。

それでは、
嵐解散2020年 理由と会見動画に涙。活動休止はデマ説を望む声多数!
と題して、見ていきましょう。

最後までおつきあいただけますと幸いです。






嵐の解散は2020年 しかし以前より噂されていた

嵐の解散・・・とも言われていますが、
あくまでも「活動休止」です。
この点については、嵐のメンバーの口から語られていることですので、
お間違いなく。

しばらく休んで落ちつてきたころに、
「復活があるかもしれない」という意味にも取れる言い回しに、

「活動休止っていうのが唯一の救い」

「活動休止ももちろん辛いけど・・・解散じゃなくって本当によかった」

という声が相次いでいます。

しかし、嵐の解散説は以前より噂されていたというのです・・・

というのも、
櫻井翔さんが学生時代の仲間たちとの飲み会で、

「嵐はもう解散するから」

「1月以降のスケジュールもはいってないから」

という発言をしていたというのが、
2018年末ごろ一部夕刊紙で報じられていました。

櫻井翔さんは酔っ払うとはっちゃけるタイプだそうで、
この場を盛り上げるために言ったのでは?という意見もあったものの、
どこかで不安を感じていたファンも多いかもしれません。。。

記者の方によると、

「20周年を迎えて過去最大級のツアーをしている嵐だけれど、その先に目指すものがない」

「彼女との結婚を考えているメンバーもいるが、嵐でいる限りなかなか結婚も難しいのでは?」

などと語っていました。

嵐の解散・活動休止にデマ説を望む、信じられないという声が多数

嵐の解散・活動休止というニュースに、
嵐のファンにとどまらず、日本中に衝撃が走りました。

嵐の活動休止にデマ説を望む声や、
「信じられない」「嘘だと言って・・・」という声も多く見られています。

ネット上の声を見てみましょう。

ネットの声
ネットの声
今日
先輩が、「嵐活動休止するの?」って言ってたから、

「どうせデマですよ〜」って答えたところだったのに・・・!!!

ネットの声
ネットの声
ネットの声
ネットの声
嵐の解散とか、活動休止のニュースが、おとといくらいにネットのニュースに上がってるの見て、
デマだと思ってたけど本当だったのね・・・
解散じゃなくて活動休止だったけど
ネットの声
ネットの声
帰宅したら嵐の活動休止情報が・・・・!
デマだと思ってたのに本当だった。。

でもこの年だと、そのまま事実上の解散って感じになっちゃいそうな気もして怖い・・・><

ネットの声
ネットの声
ずっと前に誰かのツイートで song for you は歌詞的に嵐はもう解散するんじゃないかみたいなこと呟いてたのを思い出した。。
あの時はデマやめろとか思ってたけど。本当になってしまった。。
ネットの声
ネットの声
ネットの声
ネットの声
「速報!」嵐解散デマだった!って流れないかなぁ・・・
目を逸らしたい現実・・・
ネットの声
ネットの声
2020年に解散するとか噂はあったけど
デマやと思って全然信じてなかった。

実際は活動休止やったけど。。。

ネットの声
ネットの声
こういう噂って、基本全部デマやと思ってたけど、そういうわけじゃないんやな・・・
全部が全部デマやと思ってたのに、今度からこういったニュース見るたびに信じてしまいそうでやだな・・
ネットの声
ネットの声
嵐解散って言葉がいっぱい見えて、
なんかまたデマかな〜って思ってたのに本当で。
頑張って受け止めなきゃいけないことだとは思う。
でも今は涙しか出てこない。しばらくは受け止めるなんて無理そう。。
ネットの声
ネットの声
嵐解散!とか活動休止!とか言ってても、またどうせデマやろ〜へんなデマばっかり流しやがって!って思ってたのにな〜
ネットの声
ネットの声
メディアでは嵐解散説が
ありましたが、また、そんなデマって感じで受け止めていたのですが、
嵐さん自身の言葉で、休止って言われているのですから、受け止めなきゃいけないって思いますが、少し自分が納得するのに、時間がかかりそうです。

などと、悲痛な声が相次いでいます。

嵐のみなさんが何度もなんども話し合いを重ねて決めたこと。
頑張ってこの事態を飲み込もうとしていますが、なかなか難しいですね。。

2020年の年末まではまだ約2年ほどありますが、
いつになっても受け止める自信がないという方も多くいて、ショックの大きさは計り知れません。






嵐活動休止の理由は?不仲説は否定!

2019年1月27日。
嵐の解散についての会見が行われました。
しかしここでも、「解散ではなく活動休止」とはっきり公言したメンバー。
そしてその意外にもおだやかで柔らかい表情のメンバーの姿に、少し安堵の気持ちになった方も多いのではないでしょうか。

会見の内容によると、
嵐の解散に口火を切ったのは、リーダーの大野智さんだったようです。

「嵐の活動を一旦終えたい。自分は自由に生活がしてみたい」
「見たことのない景色をみてみたい」

という意思が大きくなっていったようで、
メンバーに打ち明けるときには、「大野智さんの心の中ではすでにある程度意思は固いもの」であると、
メンバーの櫻井翔さんは感じ取っていたと言います。

ちなみに大野さんは、嵐をお休みしてなにかとくにやりたいことが決まっているわけでもなく、
ただ、「自由な暮らし」や、「これまで見たことのない景色」に興味があったのだと言います。

当初は「ただただ申し訳ない」「3年くらい休むとか、都合のよいことはできない」
と考えジャニーズ事務所の対処を考えていたという大野智さんですが、
メンバーや事務所側との話し合いを重ねた末に、
「お休みでいいのでは」
という形に落ち着いたそうです。

ジャニーズ事務所に所属という形は残しておきながらも、
「しばらく休んで、やりたいことを考える」
ということに落ち着いたそう。

嵐活動休止に、それぞれの想い

嵐の活動休止にそれぞれのメンバーが想いを語りました。

櫻井翔さん

  • 大野さんから活動休止の話を聞いたとき
    最初はすごく驚きました。
    グループのメールに大野から「ちょっと話したいことがある」と連絡があって。
    でも長年いっしょにいるので、「これは相談事というより、ある程度意思が固まっている話なのかな」と。「誰か1人の思いで嵐の将来は決められない」と同時に、
    「他の何人かの思いで一人の人生を縛る事もできない」と思った。
    どれだけ時間をかけても、みんなが納得できるような着地点を見つけたいし、それが僕の役割だと思った。
  • 2020年以降のこと
    嵐の2020年12月31日までのことしか頭にない。
    その先は想像していない

相葉雅紀さん

  • 大野さんから活動休止の話を聞いたとき
    最初は本当にひっくり返りました。
    こういう生活を当たり前と思った事はないですけど、
    いざこういった現実を突きつけられた時は、準備がいりました。
    もちろんすごく時間がかかった。すぐの結論じゃない。
    どうにか嵐を続けていく方向はないのかと、リーダーと話し合ったりもした。
    でもちょっとでも違う方向を向いているのに、それにずっとリーダーを付き合わせるのは違うと思って、
    納得してそっちの方向で進めていこうと思った。
  • 2020年以降のこと
    どんな気持ちになるのか想像すらつかない。
    お休みする予定はありません。

松本潤さん

  • 大野さんから活動休止の話を聞いたとき
    まず、グループ活動は「強い意思」で続けるものだと思っている。
    最初にリーダーから話されたときは、驚きはしなかった。
    これまで素晴らしい景色をたくさん見た反面、いろんな事を経験し、正直大変だと思う事もあった。
    いい感じの時にグループを閉めることも考えたこともあった。
    それぞれに思いもあるので、2020年で区切りをつけるのがベストではないかと判断しました。
  • 2020年以降のこと
    新しい事にチャレンジできるタイミングになるのかもしれない。
    なにかできることが見つかった際にはチャレンジしたいが、ファンの皆さんとの楽しい時間を考えることが今すること。

 

二宮和也さん

  • 大野さんから活動休止の話を聞いたとき
    僕の誕生日が近かったので、最初呼び出された時「みんなが僕の誕生日を祝ってくれるのかな!さすがリーダー良い頃合い」と思った。
    だから一貫して、衝撃でした!
    誕生日を祝ったのはその後(会見会場は爆笑)
    リーダーに続ける事はできませんかという話はした。2つ返事で「はい、わかりました」は、ちょっと責任感的にできなかった。
    リーダーのせいでこうなったとは思っていません。
    みんなでやりたい時はやるし、やらない時にはその理由を話し合って気持ちを共有してきた。
    もしリーダーが悪者に見えたら我々の力不足
  • 2020年以降のこと
    何も考えていない。
    2020年末まで、嵐5人で活動できるのは幸せで、ありがたいよろこび。
    1つでも思い出を作っていきたい。

大野智さん

「自由な生活をしてみたい」
「今まで見た事のない景色が見てみたい」と思ったのは、
本当に徐々に。

最終的に、嵐としての活動期限が決まって、
みんなの意見が揃って気持ちがまとまった時に、

「メンバーが最後まで笑っていよう」

と言われた時はやばかった。
申し訳ないという気持ちがある中で、

「なんて人たちだろう」「嵐でよかったなぁ」
と、言葉にならなかった。

記者の方からの、
「嵐とは?」の問いかけに、

「宝物以外の何物でもない」
「人生の半分以上が嵐。心の中で永遠に輝き続けるものです」

と語っています。






嵐の会見動画は?

嵐のみなさん会見の動画を見ていきましょう。

 

本当に、嵐の会見はメンバーみんなが終始やわらかな表情をしていたのが印象的でした。
この会見を見たファンからも、安堵の声が多くあがっています。

嵐のパフォーマンスが見れなくなるのは、ものすごくさみしいし悲しいですが、
会見のメンバーの表情や、気持ちなどを知る事ができて、
なんだか逆にすっきりした気持ちになったという方が多かったようです。

会見までは、ずっと不安な気持ちや悲しい気持ちのツイートがとっても多く目立っていたのですが、
会見が放送された後はファンの方も少し落ち着いたようで、
まだ心から受け止め切れているわけではないけど、
少し前を向けるようになった方が多いんではないかなと思いました。

また、ファンを安心させてくれた嵐のみなさんを、
本当に最後まで応援しようと、改めて、改めて思いましたよね。

嵐解散2020年 理由と会見動画に涙。活動休止はデマ説を望む声多数!まとめ

本日は、

嵐解散2020年 理由と会見動画に涙。活動休止はデマ説を望む声多数!

と題して、
嵐の2020年の活動休止について見ていきました。
会見は安心できるもので、本当に心からよかったですよね。。

心置きなく休んで、
またいつでも嵐が帰ってこれるような居場所をつくろう!
と、そんな思いに駆られる会見でした!